通販で簡単に買える低用量ピル
低用量ピル通販なら通院の手間なしで簡単!   >   低用量ピルで妊娠率を高める

低用量ピルで妊娠率を高める

不妊を低用量ピルで改善

妊娠がしにくい原因には、男性側の理由も女性側も理由もいろいろあります。

もし女性側に原因がある場合には、無排卵・卵巣や卵子の機能低下・排卵周期がバラバラ・子宮内膜の成熟不十分などの理由が考えられます。
そのどれにも関係しているのが、女性ホルモンです。

通常、ホルモンバランスが整っていれば、これら妊娠率が低くなるということは、起こりにくいと考えられます。

しかし、ホルモンバランスはとても繊細な仕組みで、食生活や睡眠時間・日頃のストレスなどが影響して崩れやすいものです。

ホルモンバランスが崩れることで、妊娠がしにくい子宮環境ができてしまうのであればそれを防ぐ方法を知っておきましょう。

それには生活習慣もありますが、低用量ピルを飲むことで飲んでいる期間は、比較的楽にホルモンバランスを保つことが出来るのです。

もちろん飲み始めは、本来のホルモンバランスとは変化するので体調不良を感じやすいことも事実ですが、ホルモン量に慣れてくることで体調も整ってきます。

ホルモンバランスが整えば、子宮内膜の成熟する期間も安定してきます。そして、服用している間は排卵が抑制されていますが実は卵巣も同時に休むことが出来ていて、その間は卵巣が力を溜めているのです。

その結果、低用量ピルの服用を止めた時に活発な卵子が、卵巣から飛び出すことにもつながります。

また、ホルモンバランスが整っていることで子宮内膜の増殖もしすぎない状態、かつ柔らかい状態ができやすいので受精卵が着床しやすい子宮環境になるのです。

通常の生活習慣の見直しだけでは、妊娠率を高める為にホルモンバランスを整えることは簡単ではありませんが、低用量ピルを服用がそのサポートに役立つのです。