通販で簡単に買える低用量ピル
低用量ピル通販なら通院の手間なしで簡単!   >   低用量ピルで確率が高い避妊

低用量ピルで確率が高い避妊

簡単で高い避妊効果を持つ低用量ピル

普段から避妊について考えている女性は、どれほどいるでしょうか。そのなかでも、男性にコンドームを装着してもらう以外に避妊方法を知っていて、実際におこなっている女性は少ないでしょう。

結婚後も子どもは欲しくないと考えている女性は、避妊手術を行う人もいるかもしれませんが、しばらく妊娠については考えていないという女性ができる避妊について知らない人もいるはずです。

一度おこなってしまったら、妊娠ができにくくなってしまう避妊方法より今だけ高い確率で避妊が出来る方法を知っておくことをオススメします。その方法が、低用量ピルの服用なのです。

避妊手術は卵巣と子宮をつなぐ、卵管を塞ぐか切断してしまう方法なのでその後に妊娠をしたいと思うようになっても実際、難しくなってしまうのが現実です。

しかし、低用量ピルを毎日欠かさずに飲むことで女性ホルモンを一定量、血液中に保つことができます。その結果、妊娠時と同じようなホルモンバランスになり、妊娠していると錯覚を起こすのです。

それだけ聞くと避妊とは逆効果のように感じますが、妊娠と錯覚を起こすことで体内では排卵抑制や子宮内膜への受精卵着床阻害の働きをするようになります。

低用量ピルの服用を続けている間は、その効果が働くため生理も起こりません。しかし、子宮内膜は成熟しているので、服用を止めて生理が起きるようにしなければいけないのです。

そのため低用量ピルの服用方法は、毎日1錠飲むことを21日続けてその後7日間は休薬もしくは、偽薬と呼ばれる女性ホルモンが含まれていない錠剤を飲む方法です。

この方法をとることで排卵は抑制されて、ピルを飲まない間に生理が起こるので、この時の生理は「無排卵月経」と呼ばれるものになります。

排卵を抑制することで卵巣を休ませることにもつながるので、低用量ピルの服用を止めた時の卵巣の機能を活発にする働きにも期待できます。

このように低用量ピルは、日頃のホルモンバランスを一定に保ちながら卵巣や子宮の状態を整える効果も持っているのです。

服用している間には、排卵自体を抑制してくれる高い避妊効果を持っていて、服用を止めるとホルモンバランスが整っていることで妊娠がしやすい子宮環境を作り出すことにも役立ってくれるのが低用量ピルなのです。